四次元コミュニケーション【4DC】~会話と非言語をフュージョンした恋愛コミュニケーション習得プログラム~2017/04/12 14:50

四次元コミュニケーション【4DC】~会話と非言語をフュージョンした恋愛コミュニケーション習得プログラム~

突然ですが、女の口説き方を教えます

回りくどいのは苦手なので、ストレートに話します。
女性を口説く時に失敗しないためには、マストなスキルが必要になります。


それは『“ある”コミュニケーション能力』です。

「それが出来ないから困っているんだよ!」
「オレはコミュ障だから話すのは苦手…」
「話すのは得意だけど女性になるとチョット…」

なんて意見がでてくると思います。

ここで言う『“ある”コミュニケーション能力』とは、
「話が上手」とか「面白い人」とかでは無いんです。

だからと言って、決してただの「聞き上手」でも無いんです。

モテる男は『聴きながら相手の会話を“誘発・誘導”しているだけ』なんです。
それら全ては脳科学で説明ができるのです。


私たち人間の脳は非常に精密に作られていますが、
反面、とてもいい加減な面を持ち合わせています。

よく言えば“いい塩梅”、悪く言えば“ズボラ”に出来ているのです。

例えば、私たち男性は狙った女性やお気に入りの女性といる時に、どうしてもいいカッコを見せたくなります。

■ 相談に乗ってあげる
■ 協力を惜しまずにしてあげる
■ 買い物に付き合ってあげる

などの女性のお願いを聞いてあげることで、
女性に好印象を与えようとしています。

そのついでに(と言うかこれが本当の狙いなのですが)、
その女性と深い関係になることを期待しながら…です。

でも、そのほとんどが「あなたってイイ人だから…」
と言われて終わってきませんでしたか?

女性の「優しい人が好み」と言う言葉に惑わされて「あなた優しい!」と言われる度に
「なんか違う…」と感じてきませんでしたか?

ハッキリ言って、女性の心を開き、あなたが女性の心に入り込むには、
「お願いを聞いてあげる」とか「優しく振る舞う」のは、間違いなのです。

四次元コミュニケーション【4DC】~会話と非言語をフュージョンした恋愛コミュニケーション習得プログラム~

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
座右の書

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://landmark.asablo.jp/blog/2017/04/12/8461118/tb