蘇生シミュレーションシステム REVER 【DCシミュレーター付き】 ICLS準拠 M-187-02018/10/04 21:00

心肺蘇生の幅広い技術習得可。マニュアル除細動器トレーニングに

蘇生シミュレーションシステム REVER 【DCシミュレーター付き】 ICLS準拠 M-187-0
蘇生シミュレーションシステム REVER 【DCシミュレーター付き】 ICLS準拠 M-187-0蘇生シミュレーションシステム REVER 【DCシミュレーター付き】 ICLS準拠 M-187-0蘇生シミュレーションシステム REVER 【DCシミュレーター付き】 ICLS準拠 M-187-0蘇生シミュレーションシステム REVER 【DCシミュレーター付き】 ICLS準拠 M-187-0蘇生シミュレーションシステム REVER 【DCシミュレーター付き】 ICLS準拠 M-187-0

カラダで覚える患者急変対応
マニュアル除細動器のトレーニングに

●製品概要
基礎技術のe-learningから実技トレーニングまでを網羅。心肺蘇生の幅広い技術習得が可能です。
マニュアル除細動器などの実際の医療機器の用意も必要なくトレーニングが可能です。

●特長
1.実機確保の手間いらず※DCシミュレーター付属
DCシミュレーターを付属しており、救急蘇生講習の際に実機確保が必要ありません。
※模擬マニュアル除細動器

2.カラダで覚える、本番さながらの蘇生シミュレーション
AEDを使った実習コースでは、「カラダで覚える医療教育」をコンセプトに、本番さながらの蘇生シミュレーションが可能。
胸骨圧迫の質やショックのタイミングなどを履歴に記憶できます。
また、AEDパッドの貼付け位置はセンサにより自動判別。
実習の結果をリストとグラフで印刷可能です。

3.シンプルで使いやすさ重視。それでいて、ICLS準拠
「シンプル」を追求しながらも、ICLS準拠には十分な機能を搭載。
BLS学習コースと実習コースがセットになっており、心肺蘇生の基礎知識が学べる学習コースは、“新ガイドライン2010”に対応しています。

4.患者の状態を自由に作成、充実のECGパターン
充実のECGパターンを備えたALS実習コースでは、インストラクターが自由に患者モデルの状態を作り上げ、死戦期呼吸や頸動脈の拍動の有無等も設定できます。

●実習
3つのコースを実習可能。グループ学習に最適です。

1.BLS学習コース
傷病者の発見から通報、心肺蘇生までの手順や、AEDの使用に関する基礎知識がスライドショー形式で学習できます。

2.BLS実習コース
胸骨圧迫・人工呼吸、AEDの使用をシミュレーションできます。
胸骨圧迫の深さやその他の操作を履歴に記録し、時間の流れの中での手技の状況を確認、印刷することも可能です。
※プリンターは付属しておりません

3.ALS実習コース
インストラクターは、電気ショック前、後のECG・心拍数に加え、呼吸状態を表すサウンドや患者の音声、頸動脈の拍動の有無等、自由に患者モデルの状態を作り上げることができます。
※履歴を記録している場合、インストラクターは受講者の動作に合わせて、波形診断・投薬・気管挿管などのイベントを手動で記録することができます。

●履歴・印刷
実習の結果をリストとグラフで印刷できます。
胸骨圧迫のテンポ、平均の深さ、深さ不完全や戻し不完全の状態がリストで確認できます。

【坂本モデルとは】
医学教育模型標本に始まり、近年では最新の医学・看護教育シミュレーターの開発製造を行っています。
全身モデル人形から始まった商品は、注射、排泄、母性などのシミュレーターのほか、介護や鍼灸分野へも拡大。確かな技術習得のため、人体のリアリティを追及することはもちろん、限られた時間の中でも効率的なトレーニングを実践するための商品開発を進めています。
そしてもう一つ、医療従事者として患者さんを思う心を育んでもらいたい。しなやかな皮膚感や美しさへのこだわりも、大切な坂本モデルクオリティです。

【スペック】
スペック

価格:価格(税込)

販売状況:販売状況

出荷目安:出荷目安

送料:送料

蘇生シミュレーションシステム REVER 【DCシミュレーター付き】 ICLS準拠 M-187-0

蘇生シミュレーションシステム REVER 【DCシミュレーター付き】 ICLS準拠 M-187-0

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
座右の書

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://landmark.asablo.jp/blog/2018/10/04/8968744/tb

最近の記事

バックナンバー

RSS